2012年06月09日

岡山市の幼稚園に伺います|防災体験プログラム

6月11日は内山下幼稚園さんで防災体験プログラム。
年長さん80名弱が参加。見学もふくめて100名弱というのはあったけど、参加が80名弱となると、どうなるかなぁ。いつもは3人態勢のところ、倍の6名に増員です。

5月初めの運営打合せから、園への追加取材などNHKさんがていねいに取り上げてくださっている模様。きっと、みなさまにもご覧いただけるはず。

災害は子どもだからといって手加減してはくれない。だから真剣に。だれに求められわけでもないけれど。少し丁寧すぎるぐらいに考えて準備しています。
http://www.kodomobousai.net/participation/program/115
防災体験プログラムのご案内
〜幼児期の防災教育で育む「自分を守る力」と「命を慈しむ心」〜
www.kodomobousai.net
幼児期の経験に、無意味なことはひとつもありません。

経験したことはのちに大きな意味をもつこともあり、大人への準備期間として、人生の礎(いしずえ)となる大切なことを、日常生活から学びます。例えば、転んで足を擦りむいて痛い思いをする、何かにぶつかってたんこぶ作るなど、くり返し危険なことに遭いながら危険な状況や場所を理解し、次に同じことにならないように学習します。
posted by アカギヨシコ at 01:22| 岡山 | Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月12日

防災体験プログラム|内山下幼稚園 2012.6.11

DSC_0950.jpg

今日の防災体験プログラムは、内山下幼稚園さんのご協力により、「非常ベル」の音でスタートしました。
 
「いつもと違う音が聞こえたら...どうする?」
「静かに耳をすませて。オトナの人がそばにいるときは大切な話しがあるかもしれない」
「もし一人だったら…?よく観察して。変な匂いはしないかな。なんの音だろう」



地震が殆ど無い岡山だからこそ、いざという時の備えとして、
「防災のこと」を学んだり考えたりすることがとても大切だと思うのです。
2011年3月11日に発生した「東日本大震災」の例でも、日頃から訓練し、
注意深く状況を観察した子どもたちに先導されて、たくさんの命が助かっています。

「もしも、君の町で大きな地震が起こったら...」
「もしも、今、踏んでいるのが卵の殻でなく、ガラスだったら...」
「もしも、君が大きな柱に挟まれて動けなくなってしまったら...」
「もしも、大切な人が怪我をしてたくさん血が流れていたら...」



プログラムのなかで、子どもたちはたくさんの「もしも」に出会いました。

災害の時、大切なのは、まず自分の命をまもること。
そして希望を捨てずに、自分にできることを考えること。

子どもたちの心の中にそんな知恵が少しでも残れば嬉しいな、と思います。

DSC_0939.jpgDSC_0943.jpg

DSC_0945.jpg

DSC_0948.jpgDSC_0954.jpg

DSC_0956.jpg

DSC_0962.jpg

DSC_0967.jpgDSC_0970.jpg

DSC_0946.jpg
防災体験プログラム
2012年6月11日(月) 10:00〜11:30
内山下幼稚園(岡山市北区丸の内)
5歳児73名が参加


プログラムのお申込は、こちらのサイトからどうぞ♪
子ども防災ネットワークおかやま

http://www.kodomobousai.net/
posted by アカギヨシコ at 16:32| 岡山 ☔| Comment(0) | チカクの活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月17日

守ろう命!防災体験ツアー @ 青年会議所 岡山県大会

IMG_3163.JPG IMG_3173.JPG
IMG_3187.JPG IMG_3189.JPG

6月17日、10時から、青年会議所岡山県大会に合わせて
倉敷芸文館前の広場で開催された「守ろう命!防災体験ツアー」に参加しました。
20分でいろいろな防災体験を…という欲張りなツアー。
こども防災ネットワークからは、チカクが防災絵本で参加しました。
みなさんいろいろな体験できていたのでよかったと思います。

(撮影:チカク三村、問田)
posted by アカギヨシコ at 00:00| 岡山 ☁| Comment(0) | チカクの活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月18日

人形劇団ひとみ座『ズッコケ時間漂流記』

DSC_1003.jpg
舞台機構上、難しいことがあり大変ご苦労いただきましたが、なんとか無事終了。
開演前は大騒ぎしていた子どもたちも、すっかり引き込まれていました。
お陰様で、たくさんの子どもたちを含む約150名のみなさんが観劇。
久しぶりの本格的な人形劇を堪能しました。
ご尽力いただきましたみなさん、ありがとうございました。

DSC_1013.jpg DSC_1014.jpg
DSC_1017.jpg DSC_1022.jpg
人形劇団ひとみ座『ズッコケ時間漂流記』
倉敷公民館 2012.6.17 14時開演
主催 一般社団法人チカク、 NPO法人オレンジハート
後援 倉敷市

2012-06-16 14.32.57.jpg
posted by アカギヨシコ at 10:41| 岡山 🌁| Comment(0) | チカクの活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナツメぐみ(火)コースのみなさんへ

台風4号の接近に伴い、小学校・幼稚園より、明日の対応について
ご案内が届いている方もいらっしゃることと存じます。
ナツメぐみ(火)コースの明日の対応は次のようにさせていただきます。

午前7時の時点で、暴風警報、大雨洪水警報が「出ている」場合、
ナツメぐみは「おやすみ」となります。
午前7時の時点で、暴風警報、大雨洪水警報が「出ていない」場合、
ナツメ組は「行います」が、「お弁当はなし」で「11時半」のお迎えをお願い致します。

上記の決定について、明日午前7時10分までにメールでお知らせすると同時に、
こちらのブログにも情報をアップいたします。どうぞ、よろしくお願い致します。
posted by アカギヨシコ at 19:41| 岡山 ☁| Comment(0) | ナツメぐみ・スモモぐみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月19日

今日のナツメぐみ

おはようございます。ナツメぐみの今日の対応は次のようにさせていただきます。

午前7時の時点で、暴風、洪水の警報は出ていませんので、ナツメ組は「行います」が、「お弁当はなし」で「11時半」のお迎えをお願い致します。
但し、大雨警報が出ておりますので、お住まいの地域の状況に合わせ、日ノ出町に来られるかどうかは、ご家庭でご判断の上、気をつけてお越しください。
このあと、暴風警報、洪水警報に切り替わった場合は、開催の中止、早期のお迎えをお願いすることもありますので、台風情報、メールのご案内には引き続きご注意いただくようお願い致します。
posted by アカギヨシコ at 07:11| 岡山 ☔| Comment(0) | ナツメぐみ・スモモぐみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NHK岡山放送で防災体験プログラムが紹介されます

DSC_0950.jpg
明日、6月20日午後6時10分からのNHKのニュースで、私たち(チカク)の活動が紹介されます。
昨年10月より、全労済岡山県本部や岡山県子ども劇場センター等と一緒に取り組んでいる「防災体験プログラム」を取り上げて頂きました。
今年のNHKのテーマが「安全・安心」なのだそうで、6月11日の内山下幼稚園でのプログラムの様子が中心になるようです。お時間ございましたら、ご笑覧ください。
※内山下幼稚園でのプログラムについてはこちらから。
http://kodomoinoti0311.seesaa.net/article/274717547.html
posted by アカギヨシコ at 19:00| 岡山 ☔| Comment(0) | チカクの活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月20日

NHK岡山放送局|自分を守る 家族を守る 安全・安心キャンペーン

― けっこう長く取り上げてましたよ。内容も面白かった。

NHK夕方のニュースの「子ども防災ネットワークおかやま」としてのチカクの活動紹介について、放送のあと山陽新聞の記者さんから感想の電話をいただきました。彼は、最初に防災体験プログラムの内容を取材してくれた人です。
NHKの記者さんが、丁寧に取材してくださっていることは感じていましたが、本当にしっかり取り上げていただき、感謝しています。


NHK岡山放送局は、今年度「安全・安心キャンペーン」に取り組んでいるそうです。
キャッチコピーは「自分を守る 家族を守る」。
テーマは、見直しが迫られている「防災・減災」をはじめ、「防犯」や「食の安全」などで、視聴者のみなさんからもメールで、取り上げてほしいテーマや、ご意見などを募集しているそうです。
こちらの投稿フォームから、どうぞ
2012年6月20日(水)の放送内容
安全・安心キャンペーン「防災教育は園児から」

東日本大震災をきっかけにあらためて防災教育の必要性が高まっています。
そうしたなか、岡山県内で幼稚園児を対象にしたユニークな防災授業が始まりました。
授業に使うのは卵の殻など身近なものです。
どんな授業が行われているのか、取材してきました。

P1320980.jpg P1320990.jpg
倉敷の藤野さんから頂いた写真を使わせていただきました。ありがとうございます。
※内山下幼稚園でのプログラムについてはこちらから。
http://kodomoinoti0311.seesaa.net/article/274717547.html
posted by アカギヨシコ at 22:32| 岡山 | Comment(0) | チカクの活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月21日

防災体験プログラム|荘内南幼稚園 2012.6.21

IMG_3197.JPG

荘内南幼稚園での防災プログラムの報告です。

年長組以外に年中・年少組が「絵本・卵の殻ふみ・ジャッキ体験」まで見学。
保護者のかたも5・6名。みなさん飽きることなく熱心に体験されました。
卵の殻ふみは、なんと年中・年少さんも!
そして、先生や保護者のかたも希望者は全員踏みました。

IMG_3200.JPG IMG_3199.JPG
IMG_3202.JPG IMG_3203.JPG

人数が少ないと余裕ができるのでアットホームな雰囲気でできますね…。

包帯づくりは、事前に包帯をいれる宝箱を
牛乳パックでそれぞれかわいく作って嬉しそうにそれに入れていました。

最後に記念写真をみんなで撮って終了でした。(三村 記)

IMG_3205.JPG
posted by アカギヨシコ at 21:04| 岡山 | Comment(0) | チカクの活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月23日

GREEN DAYS COLLEGE|水の力と地域の力をゲーム感覚で学ぶ

120621_水の力と地域の力.を学ぶpdf-1.jpg
大自然の中でいのちを育むゆたかな「水」。
津波・洪水でたくさんの命を奪った「水」。
私たちが気づいていなかった「水」のすがたを
ゲーム形式で学び、その本質に迫ります。

小学校高学年向けの夏休み★宿題応援団です。

120621_水の力と地域の力.を学ぶ pdfファイル

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<GREEN DAYS COLLEGE|地域と絆> 水の力と地域の力をゲーム感覚で学ぶ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
アクティビティ@ 驚異のたび 
  地球上の生態系を結びつける「水」。
  自然のなかで姿を変える「水」の経路を探ります。
アクティビティA 水のオリンピック 
  ユニークな特性を持つ「水」の物理的・科学的特性を探ります。
アクティビティB 8人がひとりのために、ひとりがみんなのために
  さまざまな職業の人々が、洪水にそなえて互いに協力しあう様子を疑似体験します。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
日 時 2012年8月19日(日)10:00〜12:00
定 員 小学生20名
参加費 参加無料
    ※小学校高学年向けの内容です。保護者はご見学ください.
会 場 倉敷市環境学習センター(倉敷市水島東千鳥町1番50号)
    ※水島臨海鉄道「水島」駅徒歩1分、旧水島サロンです
申 込 下記まで、電話でお申込ください。
    電 話 倉敷市環境学習センター 担当:岡本 086-440-5607

主 催 一般社団法人チカク
※今年の宿題応援団は、Green Days Collegeとのコラボレーションで開催します。
posted by アカギヨシコ at 11:38| 岡山 ☁| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月28日

内山下幼稚園さんからお便りいただきました

2012-06-28 15.17.02.jpg

6月11日におじゃました内山下幼稚園のみなさんから、お便りを頂戴しました。

子どもたちも日頃体験できないことを経験し、
驚き、防災に対する意識が高まりました。
家庭でも、防災のはなしを家族でするなど、
子どもの心の中に強く印象に残っているようです。

テレビ放映では、園でみんな揃って、その時のことを
思い出しながら、真剣に見入る姿がみられました。


保護者の方からの感想も…。
◆ 防災体験をした日、帰りの車に乗るとすぐ「地震で揺れたら、ダンゴムシになって、早足で烏城公園に行くんよ」「シーツで包帯を作ったよ」と話してくれました。包帯に書いてある”がんばれ”の言葉に胸が熱くなり、どうして、”がんばれ”と描いたの?と聞いてみましたが、秘密だと言われました。子どもなりにもTV等で震災被害の状況を理解し怖がっているように思えます。テレビの地震速報には反応が早く「震度3だよ。何県?」と気になるのかな。貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。

◆ 親子で地震が起きた時、大切なことを話し合うことができました。自分の命を守ること・他の人の命を助けることの大切さを学んでくれたように思います。「卵の殻の上を歩くのはとても痛かった。ガラスの上はもっと危ないよ。スリッパを用意しておくこと。本をおいてその上を歩いて移動すること」など、私が初めて知ることもあり、とてもよい体験をしたと嬉しく思いました。これからも「いつでも災害は来る」と心に留め、子どもには興味がわくような形で伝えていけたらと思います。

◆ 防災教育指導をありがとうございました。子どもたちにとって災害と言っても実際体験したことでもなく、ピンとこないものですが、昨年の東日本大震災の様子を映像で見る度に「かわいそうだね」と大粒の涙を流す姿を何度も見ました。自分自身が体験したわけではないのですが、子どもなりに災害の恐ろしさ、大切なものを失ってしまうという悲しさをとても強く感じている様子でした。防災体験は、怖がること無く「卵の殻が痛かったよ」とか、ジャッキを使って救出した様子を伝えてくれました。自分を守るための知識を楽しく学べてとても印象的だったようです。ありがとうございました。


みなさん、お便り・感想を、ありがとうございました…。
posted by アカギヨシコ at 19:10| 岡山 ☁| Comment(0) | チカクの活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月29日

ナツメぐみ 七夕のお話を読みました

2012-06-29 10.46.24.jpg
posted by アカギヨシコ at 11:43| 岡山 ☁| Comment(0) | チカクの活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月30日

防災体験プログラム|日比幼稚園 2011.6.29

IMG_3243.JPG

IMG_3249.JPG

IMG_3254.JPG

IMG_3259.JPG

IMG_3262.JPG


今日の防災プログラムは、日比幼稚園と和田幼稚園の
年長組さん20名が参加。そして大人の方も。
実は、玉野市の幼稚園・保育園の年長組の先生の研修に
このプログラムを取り入れていただきました。

園児たちはとってもよく聞いてくれて楽しく学んでくれたようです。
またまた、卵の殻ふみに先生方に参加していただきました。

自分の体の一番大事なところは「頭!」というのもみんなよーく知っていました。
もちろん逃げる時の合言葉もよーく言えていましたよ。

最後の包帯づくりの時に、子どもたちが包帯巻き機を上手に使って、
ひとりで巻くことができていたのでびっくり。
特に、包帯づくりのプログラムを説明した槙原さんが、初めにやり方を説明して
その後手助けすることなくやらせていたのがとても印象深く感じました。

ついつい「きれいに巻く」ということで手を出していたのですが、
そんな事は無意味なことなんですね。

自分で出来る達成感をもっと味わって、
その子の自信につなげていってあげなくては、と、
心では理解していましたが、そのことを実践で目の当りにした一コマでした。

三村記


プログラムのお申込は、こちらのサイトからどうぞ♪
子ども防災ネットワークおかやま

http://www.kodomobousai.net/

posted by アカギヨシコ at 01:00| 岡山 ☁| Comment(0) | チカクの活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする