2009年03月30日

ホンネdeチボリ No.5/5

県や市の駆け引きは
言ってみれば井戸端会議のようなもの。

 ホンネdeチボリ最終回は、マイクを向けられても、出ることのなかったスタッフのホンネを拾い上げてみました。

チボリは100年先を見据えた一大事業ではなかったのか

 さまざまなキャリアを持つ同僚と働き、地元の方々、取引先や地元の若い経営者とも意見交換ができ、チボリを中心にいろいろな和ができたことが今の仕事に役立っています。
 私は、「チボリ公園」は100年200年先を見据えた県民・市民の憩いの場を創っていく場所であり、将来、岡山県の大きな財産になる施設だと聞かされて入社しました。働きながら私もそう感じ、働くことに誇りをもって最後まで仕事をしてきました。
 しかし、チボリを生きがいに生活の一部としていた多くの県民・市民や、現場の従業員とは、全く関係ないところで閉園することが決まり、閉園すると決めた方がこういった人たちにたいした説明をしないまま、粛々と業務の整理が行われていった。
 今、改めて考えても、このやり方は理解できません。
(倉敷市・会社員・男性)


 緑や花と建物など景観そのものがみごとに、また贅沢に造りだされていた。そんなチボリでの経験は、職場での信頼感につながっている。
 一番納得がいかないのがやはり県の責任のとりかただ。はっきりとしない態度のまま何ヶ月も無駄な時間が過ぎた。ただ、残されたチボリの心根の部分を受け継ぐ仲間ができたことに感謝したい。
(赤磐市・自営・女性)


倉敷駅前で育まれた樹木を切り倒して、緑化フェア?

 楽しく、やりがいのある仕事をさせていただきました。どんな業種に就労しても、経験を役立てることはできると思います。
 限界まで経費を節減し、あのままの状態で運営を続けていくことは、労働力確保の面でも厳しかった。だから閉園は、選択としては正しかったのではと感じます。
 それにしても、ただ、すべて更地にしてしまうのは、それまでの県の行ってきた政策や、同じく整備してきた駅の北側すべてを否定しているようで、寂しく感じます。噴水等も残していただきたかったです。
 倉敷駅前で、十数年育ててきた樹木、毎日手入れされてきた花壇をつぶす同じ年に、別の地域で緑化フェアを行うのは税金の無駄遣いのような気がします。
 『ハンスの冒険』のような素敵な物語がいつまでもご覧になったお客様の心の中で生き続けてくれることを願います。
(倉敷市・団体職員・女性)


 チボリでは、一つのことに留まらず、色々な経験ができました。まだまだ、勉強が必要ですが、今までの経験を十分活かせていると思います。
 チボリがあって良かったという人が、大勢います。また、全国から遊びに来てくれた人たちの思い出を壊していくのは寂しいです。
 北欧の街並み、活気あるスタッフ、大人気のアトラクションなど…、全部でチボリだったのに。緑を残しただけで人は集まるのか疑問です。
(倉敷市・会社員・女性)


チボリがなくなって可哀想なのは、スタッフじゃない

 チボリの良かったところは、圧倒的な認知度と倉敷駅前という立地。老若男女に愛される公園としての公共性。坂口社長の責任感と実行力。エンターテーメントの質(ハンス・チボ森・最後の核になったTE)。ビアガーデン(広場開催に限る)の雰囲気など。
 悪かったのは、開園までの経緯を巡るイメージの悪さ。行政の責任の擦り合いとそのトップの責任感の欠如。チボリ社のトップ以外の船頭の多さ。
 チボリがなくなって可哀想なのは、働いていたスタッフでも、倉敷駅界隈で集客を見込んで商売されていた方でもなく、チボリ公園って楽しいなぁ、また来たいなぁと思ってくれていたお客様だと思います。
チボリの形はなくなっていきますが チボリの意志はなくならないし、なくしてはいけないと思っています。
(玉野市・会社員・男性)


 県や市の駆け引きは言ってみれば井戸端会議のようなもの。開園当初、喜びが伝えられたデンマークの人たちも悲しんでいるだろう。
(倉敷市・団体職員・男性)




※ このエントリーは、Vision岡山さんのご厚意により、3月30日号に掲載されたコラムを一部加筆してお届けしています。
posted by チカクの中の人 at 00:00| 岡山 ☁| Comment(5) | ホンネdeチボリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「ホンネdeチボリ」全部拝読しました。
もう胸がいっぱいで、なんと言ったらいいか、うまく言葉にならないのですが、チボリのただの「ひとりの客」でしかない私は、去年、閉園に至る様々な議論が報道される中、「何とかならないのか、私に出来ることはないのか」とはがゆい思いを抱き続けてきました。
でもやはり、会社の中に、同じように考えておられた方があって、こういう組織を立ち上げて下さったこと、本当に感謝しています。
書かれていた内容全部、私が言いたかったけど「どこに言いに行けばいいの?」と思っていたことばかりでした。
本当にありがとうございます。
「チボリをなかったことにしたくない」と心から思っています。我が家の3人の子供たちの中にも、チボリがしっかりと息づいています。
これからどうなっていくのか、分かりませんが、私ができる形で、チボリの精神を、ずっと未来につなげて行きたいと思います。
Posted by たけのこ at 2009年03月30日 20:10
たけのこさん、ありがとうございます。とても、励みになります。
一隅を照らす志(こころざし)を持とう。そういった人がいました。それがほんのわずかな光だとしても、自分に引き寄せて考え、少しだけ勇気を振り絞って、いいと思うことをしよう。自分自身のためにそうしよう。そんな風に思っています。
たけのこさんと私、一緒ですね。
Posted by 風猫 at 2009年03月31日 01:11
こんばんは!
「ホンネdeチボリ」を読ませていただきました。
私がチボリ公園に初めて訪れたのは昨年の1月でした。その素晴らしさは私にとって衝撃的なものでした。その時既に存続の危機であることを知り、なんとしてでも続けてほしい…と願いながら、ほぼ毎月足を運びました。私にとっても「チボリ」はかけがえのない存在になっていましたから…。
私は「チボリ」のおかげで「倉敷」に親しみを持つようになりました。
倉敷は素敵なところですね。そこで生活されている皆さんは胸を張って自信を持っていただきたいと思います。
風猫さんをはじめ皆さんの活動には期待をしておりますし、感謝しております。「チボリ」の精神を大切にして行きたいですものね!頑張っていただきたいです。応援しております!
(東京在住のチボリ大ファンより)

Posted by たかね at 2009年03月31日 21:50
たかねさん、こんばんは。ありがとうございます。
これは、私の母の話ですが、あるとき、東京ディズニーランドに行き遊んでいたところ、後ろに並んだご婦人たちの話の中に「倉敷チボリ公園」という単語が聞こえてきて、思わず、聞き耳を立ててしまったのだそうです。
「いろいろ、テーマパークに行ったけどいままでで一番良かったのは、倉敷チボリ公園」と、そのご婦人は言っていたのだそうです。
・・・
明日からイベントです。お近くの方は、イオンモール倉敷へ。明日はNHKさんとOHKさんの取材があるようです。夕方のニュース?4日はNHK・KCT・山陽新聞さんかな。おおきな事件が起きなければですが。
とりあえず、全国のチカク=チボリファンの皆さんにはこのブログで、ご報告しますね。
Posted by 風猫 at 2009年04月01日 23:21
こんにちは。
この二日間仕事もしないで、娘とブログ覗いたりしてます。
仕事の忙しい合間の休息って感じです。
時間があるときに、またゆっくり寄らせていただきます。
ブログ応援してます(^_^)/
お互いがんばりましょう!!
それでは。また遊びに寄らせていただきます。
Posted by ★KEEP BLUE★ at 2009年04月04日 09:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。