2010年02月24日

あらためて、心の中のチボリ

少し遅れましたが、これが1000個めのエントリー。
いつもありがとう。これからもこころのなかに。

チボリの森

なつかしいラインエイト

7つで宇宙を表現している

071007_140240.jpg

チボリ湖の水辺で森は命をは育んだ

手を伸ばすユリノキはもういない

青と白のコントラストがきれい。冬の晴れ間。二本の木が残った

真ん中の建物の前にあるお気に入り「黄花のマンサクの木」

木鳥の噴水

美しいオールドコペンハーゲンの街並

満開のバラとチボリタワー

錫の兵隊

チボリのにんぎょ姫

アンデルセン図書室の外観は馬車の形だ

フォレストパビリオン

クリスマスイブイブの夜

フォレストパビリオンの夜

切り絵の庭の夾竹桃の白い花

夏の思い出

ラ・テラスとバブル噴水

アンデルセン童話の花絵本

真夏のプレーネン広場

真夏のプレーネンステージ

クリスマスのバルーンの賑わい

アンデルセンの誕生日パーティー

こども劇場にハンスが帰ってきた

ハンスの冒険_にんぎょ姫編

ハンスの冒険_赤い靴編

アンデルセンの横顔

湖畔のイルミネーションの美しさ

アンデルセンの切り絵の庭

チボリ湖に浮かぶサンゲオ号

森は愚かな人間の営みを見つめている

0_070402_hans_TF.jpg
posted by アカギヨシコ at 23:32| 岡山 | Comment(10) | 思い出の写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも すてきな記事&写真
そして現実的な方策を進められているのを
感服して 閲覧させていただいております
(私など 少ししか訪ねていないのに 愚痴ばかりで、恥ずかしい限りです)

WEBのニュースで現状の写真を見たあとだけに
本日のこの写真は 特に美しく感じ…
ありがとうございます

これからも益々のご活躍を願っております
Posted by てっちゃん at 2010年02月25日 01:11
てっちゃんさん、こんにちは!

全国各地から、応援していただいているなんて、感激です(T△T)

このエントリーの写真は2007年の写真が中心で、「こんなきれいな公園はちょっと日本にないよ、みんなそこんとこわかってないんじゃない!」なんて、ちまたのごたごたを腹立たしく思いながら、気がついてほしくて撮影した写真ばかりです。

1000回目に寄せて何を書こうかと悩みましたが、何よりもこれが一番かと。

今朝も、ちょっと写真足してみました。古い写真が掘り出せたら、また写真を足すかもしれません。

個人的には、オールドコペンハーゲンの破壊と、森になり損ね、なぎ倒された木々を惜しむ気持ちが一番大きく、一連の記事は悲しかったです。

Posted by 赤木美子 at 2010年02月25日 09:43
美しい写真を見て、涙が止まりませんでした。
Posted by たけのこ at 2010年02月25日 11:15
たけのこさん。いつもありがとう。

フキフキ(;^-^)ヘ..。・゜゜・(>_<)・゜゜・。
Posted by 風猫 at 2010年02月25日 11:25
こんばんは!
久しぶりに参加させていただきます
東京は朝晩はまだ冷え込みますが、すっかり春の気配を感じる今日この頃です。
2月27日(土)にテレビで「チボリ公園跡地、施設の撤去完了」とのニュースを見ました。
あんなに素敵だった公園がすっかり様変わりしてしまった映像を見て…本当に残念であると共に、悔しさに似た思いが込み上げてきました。
どうして、私の大好きな「チボリ公園」は失くならなくてはいけなかったのかな…と今でも思います。
今回は沢山の写真を載せていただいて、ありがとうございます。本当に嬉しかったです。
「チボリ公園」は本当に素敵な場所でした。
その後、倉敷に行くことがなくなってしまったのですが…今年はまた足を運んでみようかと思っています。
長くなってすみません。これからも拝見させていただきます。お体に気をつけて頑張って下さい!
Posted by たかね at 2010年03月01日 00:48
こんばんは。
東京マラソンはとても寒そうでしたね。

一足ごとに春は近づくのに、
チボリの春は夢の中。

本当に残念です。



でも、ぼちぼちがんばりますね。
時々、都の話題もお知らせください。
Posted by 風猫 at 2010年03月01日 22:08
写真をみていると、倉敷に行けばチボリが今も有るような気がしてなりません。
しかしながら現実は・・・。

3月20日から4月11日まで、岡山県内JR線普通列車1日乗り放題で大人1,000円小人300円が発売されるみたいです。
倉敷チボリへ行くのに最高なきっぷなのに。

Posted by ももたろう at 2010年03月02日 23:48
たまには電車もいいですね。
>ももたろうさん。

私も現実を直視することができません。車で通り過ぎるだけの毎日です。
Posted by 風猫 at 2010年03月03日 23:04
初めてメールします。

ずっと、お礼を言いたいと思っていましたが、うまく言葉にできないまま、今になってしまいました。

私が息子と最後ににチボリに行ったのは、一昨年の12月25日のことです。その時、案内のカウンターで、記念の写真集かDVDが出ないのかおたずねしました。対応して下さった男性の方は、「今後新しい商品の予定は無いと思います・・」と言いながら、事務所に連絡して下さいました。電話に出られた女性の方(名前は失念しました)も申し訳無さそうに、写真集などが発売される事は無いとおっしゃいました。私は、チボリがこのまま無くなってしまうのは、ただただ惜しく、せめていくらかの資料を倉敷の図書館に残して欲しいなどと感情にまかせてわけの分からない事を言ってしまいましたが、最後まで私の言葉を丁寧に聞いて下さいました。

私は年末年始、遠方の夫の実家で過ごすため、チボリの閉園の様子を知ることができません。年が明けて、岡山に戻ってから、チボリのホームページを見てみました。

そしてこのブログに出会いました。チボリの時計は12月31日で止まったと思っていたのに、ここだけは、新しい年を迎えていました。日付が更新されていた事を知った感激! そして私が欲しかったチボリの写真集がここにありました。
ここには、私の知らないチボリがたくさんあります。木々の1本にまで風猫さんの愛情があふれています。
本当にありがとうございます。

長くなりましたが、チカクの益々のご発展をお祈りします。そして、またいつかチボリが出来る事を願い続けます。心から願う事はきっと叶うと思っています。
Posted by MIMAMI at 2010年03月05日 00:37
MIMAMIさん、ありがとうございます。

チカクの2009年は、こんな風にはじまりました。
http://ilovit.seesaa.net/archives/200901-1.html

そんなことをしたって何かが変わるわけではなかったけれど、誰かが戻ってきたときに、ちゃんときれいなチボリを残しておきたかったのです。MIMAMIさんが気づいてくださって良かった…。

たくさんの無名のチボリファンに支えられて、チカクがあります。

願いはきっと叶う…。そうでしたね。

今年も地道に、でも、少し思い切ったこともしてみようと思っています。
いつでも、MIMAMIさんの心のチボリに会いにきてくださいね。

Posted by 風猫 at 2010年03月06日 00:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。