2010年03月07日

とんちゃん、ありがとう!

クリニクラウンのこども理解講座・一日目の最後に、みんなで記念撮影。
みんなで記念撮影_100307

いろいろなことを学んで、いろいろな人に会ううちに、
自分のスタイルを確立していく…。

そんな、講師の言葉が今日の参加者には、本当にぴったり。
集まったのは、子育て支援センターや児童館の職員、主婦、福祉・保育の専門学校の学生、教師、そしてチカクのスタッフ、総勢20名。
いろいろな立場・年齢・個性の人たちが笑いながら、そして時にはほろりとしながら、講師の言葉に耳を傾け、そして体を動かして人と向き合い、自分の内面とも向き合うひとときでした。

とんちゃんこと石井裕子先生 真剣に講義に聞き入る参加者

講師は、日本クリニクラウン協会トレーナーであり、ケアリングクラウンとして「とんちゃん一座」を組んで世界をまたにかけて活動しているとんちゃんこと、石井裕子さん。
子育て支援の現場や、ホスピス、福祉施設などの現場での体験をスライドで丁寧に紹介していただいたあとは、コミュニケーショントレーニングのワークショップが始まりました。

みんなで、楽しく、ひたすら歩く

自分自身を豊かにする時間を自分で作り出す
−−それは、相手と向き合うために大切なこと。

会うひとごとに、ちがう挨拶 真剣なまなざし。なにが始まるのか

変わる力は何歳になってもある。

人と向き合うことで、自分の内面を探るメンタルトレーニング。
ずいぶんたっぷり時間をとったつもりでしたが、あっという間でした。
二日目の講座は塚原先生。クリニクラウンの現場のお話、楽しみにしています。参加者も「またね!!」と、笑顔で帰っていきました。 

マタネッ(*^-゚)/~Bye♪


posted by アカギヨシコ at 23:03| 岡山 ☁| Comment(0) | チカクの活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。