2011年05月29日

街中の森「グリーン・サムズ育成事業」|C雨の若杉原生林に登る

5月28日午後2時過ぎ、雨の中、若杉原生林に到着。今度は頂上まで登ります。

「ここは日本森林浴100選の天然林。標高1100b、面積83fの地に樹齢200〜250年の大樹が空を覆い、199種の植物が生い茂っている。吉井川の支流、吉野川の源流地域で、清流にはイワナがおどり、木々には小鳥がさえずっている」と看板にありました。
さっそく、森の学校に植えた「トチノキ」発見。…山の谷に生える落葉低木。大木にはクリに似た実がなる。同じ仲間に、パリの並木で有名なマロニエ(セイヨウトチノキ)がある…。

110528_142449_640.jpg

110528_142407_640.jpg


セイヨウトチノキはチボリにも植えられていました。チボリ・クーペルのデザインはその実からデザインされていると聞いていましたが、むしろ、つぼみの時が似ていると植栽のEんどーさんが話していたのを覚えています。

清流沿いに、森の学校の坂田さんの案内で登っていきます。ブナの木も若葉が展開。ナツツバキの木肌は森林の中にあっても、黄褐色が際立ち、夏に咲く花を見てみたいと思いました。
110528_142829_640.jpg

110528_143213_640.jpg

110528_144111_640.jpg

110528_150206_640.jpg

110528_150505_640.jpg


この付近が源流です、と言われた場所は、とても静かなところで、降り注ぐ雨を受け止めているように見えました。
110528_150745_640.jpg


岡山と鳥取の県境にある若杉峠は、昔、美作と因幡を結ぶ最も近い要所であったそうです。人々の往来の盛んだったこの峠に旅人の安全祈願を願って、宝歴甲成年7月(1754年)に建立された若杉地蔵尊。たぶん杉の木も同じぐらいの樹齢ではないかとのことでした。
110528_151307_640.jpg

110528_151313_640.jpg


一足だけ鳥取県に足を踏み入れました。鳥取側への道はけもの道になっているそうで、こんな看板がありました。
110528_151038_640.jpg


雨で視界が悪かったので、頂上で少し休んですぐ下山。三村さんが虫を捕まえました。「おとしぶみ、の大きいの」…なんていう名前でしょうか。植物・虫は持って帰ってはいけないので、写真を撮ってすぐ離しました。
110528_151813_640.jpg

110528_153036_640.jpg


その足で、管理された杉の人工林へ。雨が上がり、美しい光景。
110528_161726_640.jpg

若杉の自然林
ここ若杉峠付近のブナ林は、植生学上チシマザサーブナ群団に属し、ブナに混じり天然性スギやミズナラ、イタヤカエデなどの高木、ナナカマドやウリハダカエデなどの亜高木、オオカメノキ、クロモジ、サワフタギなどの低木が見られます。
とくに低木のヒメモチ、チャボガヤ、ハイイヌガヤ、林床を覆うチシマザサやヤマソテツは、雪の多い日本海地方独特の植物です。
ちけいてきに見ると、渓流沿いには背の高いサワクルミやトチノキが多く、尾根筋の近くでは一部で天然杉の林が見られるなど環境に合わせて変化のある森林となっています。


110528_142552_640.jpg

110528_143914_640.jpg

posted by アカギヨシコ at 21:37| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 緑のおやゆびを持つ人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック