2012年03月10日

JR野蒜駅から東名駅まで

2012-03-10 11.09.22.jpg2012-03-10 11.09.29.jpg2012-03-10 11.18.43.jpg2012-03-10 11.19.29.jpg2012-03-10 11.24.38.jpg2012-03-10 11.27.10.jpg2012-03-10 11.28.05.jpg2012-03-10 11.28.39.jpg2012-03-10 11.29.54.jpg2012-03-10 11.32.16.jpg2012-03-10 11.33.55.jpg2012-03-10 11.35.38.jpg2012-03-10 11.36.18.jpg2012-03-10 11.51.29.jpg2012-03-10 11.51.42.jpg2012-03-10 11.54.56.jpg2012-03-10 11.55.31.jpg2012-03-10 11.57.47.jpg

「走れ仙石線プログラム」の会場であるJR東名駅まで、JR野蒜駅から歩く。岡山から10名。各地から二百数十名のメンバーが参加しているらしい。

瓦礫もところどころ残っており、一階部分の損傷が激しい家屋が点在している。古い家屋は流されてしまったのだろうか、比較的新しいタイプの住宅が目につき、まだ新しい外壁に穿たれた雨ざらしの大きな穴が痛々しい。

1年が過ぎようとしているのに、家屋を修理できないのは、何か制度的な不具合で手が付けられないのだろうか、と考える。
posted by アカギヨシコ at 11:57| 岡山 ☁| Comment(2) | チカクの活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
仙石線、何度か乗ったことがあります。1年絶ってこの状態なんですね…。
制度が整わないジレンマの中、私の友人もいまだに1階部分は土足で生活をしています。

とても寒そうなので、風邪など引かれませんように。
Posted by みい at 2012年03月11日 04:08
いまさらですが...ありがとうございます。
Posted by 赤木美子 at 2012年05月13日 02:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。