2018年10月01日

WAM支援者研修C|こどもの心を動かす体のレッスン

動きがぎこちない、よく転ぶ。手先がうまく使えない。
イスに座っていることが難しい・・・。
このような子どもは、ほとんどの場合、運動発達のステップを十分に経験しないままに大きくなっています。
このような時も発達の過程をやり直すことによって様々な状態が変わっていきます。
それは何歳でも遅すぎることはありません。
こどもが持って生まれたものを認めて、もっと伸ばすために。
こども自身が自分を大切によりよい日々を過ごせるように。
シェルハブ・メソッドの考え方と簡単な手技を学びます。

開催日
2018年11月14(水)@10:30〜12:30、A14:00〜16:00 
※@とAは同じカリキュラムです。お申し込み時にご希望の時間帯をお知らせください。

会 場
倉敷市男女共同参画センター第2会議室
(倉敷市阿知1丁目7−1 天満屋倉敷店6階 ) 
参加者のための駐車場はありませんので、近隣の駐車場に留めてお越しください。

対 象
子育て支援に係る専門職、支援員など。定員15名。
育休中の方もお子さんと参加できます。
連絡欄にお子さんの性別と生年月日、子育てで気になることなどあればご記入の上、お申し込みください。(託児ではありません)

参加費
1,500円(@orA)※参加費用は当日お支払ください。

持ち物
床に敷くもの、飲み物等

申 込
先着順、定員まで 
申込はこちらから 

講 師
高尾 明子 さん  
松江生まれ。フェルデンクライス・メソッドの指導者講習(オーストラリア)修了後、2000年に開業。2013年にはシェルハブ・メソッドの指導者講習(オランダ)を修了し日本人初のシェルハブ・メソッド指導者となる。以後、松江にて0歳〜80代の方々との個人レッスンや保育園、幼稚園などでワークショップを行っている。また、東京、大阪などでもワークショップを開催。非定型発達の子どもたちとの活動にも力を入れている。国際基督教大学、お茶の水女子大学大学院卒。日本フェルデンクライス協会、日本赤ちゃん学会、日本感覚統合学会、発達性ディスレクシア研究会会員。
181114_体のレッスン.jpg

後 援 岡山県教育委員会、倉敷市、岡山市、早島町
主 催 一般社団法人チカク(担当:赤木 TEL:080-2900-8110)

支援者のためのブラッシュアップ講座
こどもの心を動かす体のレッスン
平成30年度 独立行政法人福祉医療機構 社会福祉振興助成 モデル事業
posted by アカギヨシコ at 00:00| 岡山 ☁| Comment(0) | ママぱれっと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。